福かえる縁起 かえる石
 元興寺の北側に、どっしりと構えたガマガエルのような石があります。
 古くから有名な奇石で蛙石と呼ばれてきました。



毎年7月7日 かえる石供養を行っています
 伝えによりますと、この蛙石はもと河内の在所の川縁にあったものを、太閤秀吉が気に入り、求めて大坂城内に移したものだといいます。また、大阪城落城の折には、この蛙石の下に淀君の亡骸を埋めたという説もあります。

 落城後、いつの頃からか大坂城のお堀端乾櫓に向う隅に移されました。その頃、この蛙石には奇怪な力があって、蛙石から堀に入水する人々が続いたり、堀の身投げして行方の知れぬ人も必ずこの蛙石の基に浮かんでくるとか、不思議なことがよく起こったそうです。

 人々から恐れられていた蛙石は、第二次世界大戦のドサクサでしばらく、行方不明になっていましたが、昭和33年にご縁があってこの寺に安置されるようになりました。現在は、国宝極楽堂に向って、彼岸花に囲まれて佇んでいます。

 中国では主に、太陽には鳥を、月にはガマガエルとウサギとを描いています。ガマガエルはもともと水の精と考えられていて、雨をふらすために月にいるのだと信じられていたようです。

 カエルは、傲慢さと愛嬌があり、動静両面が印象的な生き物です。蛙石と太閤秀吉、淀君、お堀にかかわる伝説などうなづけるものもあります。

 現在ではこの蛙石も以前にかかわった有縁無縁一切の霊を供養して極楽カエルに成就しました。転禍為福と申しますが、極楽堂に向って誓願をたてた極楽カエルは、今や「無事かえる」「福かえる」衆生の願いを聞いてくれます。

 これに因んで京都府木津川市木津町鹿背山に住まわれる芸術家水島石根先生が蛙石土鈴を謹製奉納されました。お守りとして側に置いて下さい。

元興寺TOPへ