公式ホームページへようこそ


世界遺産 
 




総合的な研究機関 特定公益増進法人
 
  
 
for English
Topics お知らせ


  元興寺地蔵会万灯供養 8月23日(水)・24(木)

       

 
   両日とも17:00~ 国宝 極楽堂にて地蔵尊供養
    ◆23日(水)18:00~ 模擬店など
    ◆24日(木)18:00~ 奉納演奏
   
※22日(火)~25(金)午前中まで駐車場はご利用いただけません。



                                               2017年7月5日
                 元興寺什宝の外部出陳についてお知らせ

 創建1250年記念「奈良西大寺展」~叡尊と一門の名宝~ が開催されます。
 三井記念美術館・東京都中央区日本橋(4月15日~6月11日)をかわきりに、あべのハルカス美術館・大阪市(7月29日~9月24日)と山口県立美術館・山口市(10月20日~12月10日)を巡回します。それに伴い、元興寺において次の什宝を拝観いただく事が出来ませんのでお知らせいたします。

       国重文 聖徳太子孝養像      平成29年3月16日~10月上旬
           聖観音菩薩立像      平成29年10月初旬~12月末
           如意輪観音菩薩坐像    平成29年10月初旬~12月末

 ※なお、上記期間は予告なく変更になる場合があります。


 
  平成29年度秋季特別展
             公益財団法人元興寺文化財研究所創立50年記念

            
文化財の 仕事一筋 半世紀

 元興寺文化財研究所は、文化財の調査、保存、修復、など多岐にわたる仕事を手掛けて今年で50年を迎えました。
 ここで50年を振り返りつつ、各分野がかかわった調査資料や文化財を展示し、研究成果の解説を行います。

  展示期間 : 平成29年10月21日(土)~11月12日(日)

  時  間 : 午前9時~午後5時まで (入山は午後4時半まで)

  展示会場 : 元興寺法輪館2階特別展示室

  入 館 料 : 元興寺拝観料に含みます(大人600円、中学生300円、小学生100円)

  主  催 : (宗)元興寺・(公財)元興寺文化財研究所


  特別展記念講演会
   10月29日(日)13
301500

 「研究所50年の歩みと成果 人文考古学の世界

   狭川真一(当研究所 副所長
 1112日(日)13301500

 「研究所50年の歩みと成果 保存科学の世界

   塚本敏夫(当研究所 総合文化財センター長)

講演会会場 世界遺産 元興寺 国宝禅室

申込不要、聴講無料、ただし元興寺拝観料は必要
  お問合せ先:元興寺文化財研究所
        電話 0742-23-1376(受付時間 平日9:00~17:00)
 


 平成29年度夏季企画展
             公益財団法人元興寺文化財研究所創立50年記念

          鎮物としての武器・武具 -武具埋納祭祀の展開-

 
 
  展示期間 : 平成29年9月2日(土)~9月24日(日)

  時  間 : 午前9時~午後5時まで (入山は午後4時半まで)

  展示会場 : 元興寺法輪館2階特別展示室


  入 館 料 : 元興寺拝観料に含みます(大人500円、中学生300円、小学生100円) 


 
   元興寺文化財研究所の実践文化財学-講座編- 

 開催日時 演  題  講演者 
 5月20日(土)
13:30~15:00
 古材が語る元興寺の歴史 
 狭川 真一

 6月17日(土)
13:30~15:00

             木製品の保存処理
 木製品の話し     樹種同定からわかってくること
             木製品の保存処理と関連研究
 
 大国 万希子
木澤 直子
山田 哲也
 7月15日(土)
13:30~15:00

 土器をなおす      土器の保存修復
              土器・陶磁器の伝統的修理技法
 

江野 朋子
 角南 聡一郎
 8月19日(土)
13:30~15:00

 古代都城を掘る       藤原京編
                平城京編
  ※当日は出土遺物の展示を行います。


村田 裕介
佐藤 亜聖
 9月16日(土)
13:30~15:00
 武具埋納祭祀の具体相 
塚本 敏夫
 

 ・会場:元興寺文化財研究所 総合文化財センター
 ・定員:先着85名様
 ・受講費用:お一人1回500円(資料代含む)※当日お支払い下さい
 ・申込み方法:電話、ファックスのいずれかにより事前にお申し込み下さい。
  受講希望日・受講希望者全員の氏名・住所・電話番号をご記入下さい。
  ※申し込み先:〒630-8304 奈良市南肘塚町146-1 元興寺文化財研究所実践文化財学係 まで
        :元興寺文化財研究所  電話 0742-23-1376 FAX 0742-27-1179(受付時間 平日9:00~17:00)




   元興寺文化財研究所 総合文化財センター施設見学会について 

 研究所作業空間の見学ができます。
 研究所職員の案内によって約一時間の所用時間を予定しております。

        見学日時
 8月30日(水)13:00~
 9月20日(水)13:00~
  10月28日(土)①9:30~/②13:30~
 11月11日(土)①9:30~/②13:30~
 12月20日(水)13:00~

 ・場 所 : 元興寺文化財研究所 総合文化財センター 奈良市南肘塚町146-1

 ・定 員 : 30名

 ・見学料 : 500円(資料代含む)

 ・申込み方法 : 電話かファックスで見学希望日の2日前までにお申し込み下さい。 
          見学希望日・見学希望者全員の氏名・住所・電話番号をご記入下さい。
 ※申し込み先 : 元興寺文化財研究所 施設見学係まで 〒630-8304 奈良市南肘塚町146-1 
        : 電話 0742-23-1376 FAX 0742-27-1179(受付時間 平日9:00~17:00)

 
 (主催 元興寺文化財研究所・元興寺)

  墓と葬送の考古学 <続編>
 
   講師:狭川真一(元興寺文化財研究所副所長)

 講演テーマ・開催日時
 ①平成29年 4月14日(金)14時00分~15時30分『元興寺の納骨信仰-ならまちにおける極楽の入り口』
 ②平成29年 5月12日(金)14時00分~15時30分『中世墓地の出現-墓地の総供養塔を通じて』
 ③平成29年 6月 9日 (金)14時00分~15時30分『発掘された中世墓の様相-地域の有力者はどんなお墓を作ったか』
 ④平成29年 7月14日(金)14時00分~15時30分『中世都市奈良における供養の場-元興寺と街角の石塔・石仏の語り』
  ※8月は第二金曜日が休日のため、お休みとさせていただきます。
 ⑤平成29年 9月 8日(金)14時00分~15時30分『石塔・石仏の転用にみる中世墓の破壊
                               -石垣に埋め込まれた石塔は、征服の象徴か!』

 
 ・会場:元興寺境内 元興寺文化財研究所 3階研修室にて
 ・定員:先着30名様
 ・受講費用:お一人1回1,000円(資料代含む)※当日お支払い下さい。
 ・申込み方法:ハガキ又は電話による事前申し込み 
  受講希望日・受講希望者全員の氏名・住所・電話番号をご記入ください。
  ※申し込み先:〒630-8304 奈良市南肘塚町146-1 元興寺文化財研究所文化講座係 まで
 ・お問合わせ先:元興寺文化財研究所 0742-23-1376(受付時間 平日9:00~17:00)



 

  わかる!元興寺  元興寺公式ガイドブック

 このたび、国宝五重小塔の『日本国宝展』出陳を記念し、
 公式ガイドブックを刊行いたしました。元興寺文化財研究所が
 これまでに蓄積してきた美術史、仏教史、考古学などの調査・
 研究成果を基に手ごろに分かりやすく紹介しています。

 判型・ページ数 : B5変形・96ページ

 定 価 : 本体800円+税

 元興寺受付にて販売中。
 各書店でも販売しております。

 
~平成26年8月19日(火)報道発表~
 紙製地蔵菩薩立像(元興寺所蔵)の新知見について


 元興寺所蔵紙製地蔵菩薩立像の構造は、体部を前後の型に紙を貼り付け、二つを貼り合わせた張り子になっており、X線透過撮影の調査により木製小型の地蔵菩薩像17体が胴体部前面に埋め込まれていることが確認できました。
 また、納入されたお札や経文類の調査により、宝永や享保の年号を記した紙片があることから、本像は大仏殿再建のころに造立されたと考えられます。
    

 過去のTopics

【H27.7.7】
 かえる石供養の法要後、国宝禅室にて元興寺ならまち文化講演会を
開催いたしました。
 住職のかえる石にまつわるお話の後、浪曲師 春野恵子師をお招きし
「落城の淀君」を公演いただきました。
 


・是心会 8月はお休みです。
 くわしくはこちらから
元興寺の毎月の行事 こちらから
・大和地蔵十福霊場 こちらから
研究所のTopics へ
更新情報
お知らせを更新しました(2017.8.8) 
みどころ 獅子国型佛足石のページを追加しました(2012.11.30)
英語ページを追加しました(2012.9.14)
元興寺文化財研究所Topicsを更新しました(2017.5.29)

  Last Update 2017.8.8